/* アドセンス 2022.4.11 */

街コロをさらに楽しくする拡張パック「街コロプラス」「街コロシャープ」

皆さん、こんにちは、ボードゲーム大好きべーやん(@bdg_be_yan)です!

街コロを買おうと思ったら、「街コロプラス」などいくつか商品があって、どれから買えばいいのかわからないとお困りではありませんか?
この記事では、街コロのどのパッケージから買ったらよいのか、それぞれどんな特徴があるのかをご紹介していきます。

まずは基本の「街コロ」から買おう

現在、この記事を書いている時点(2020.1.10)では、「街コロ」のボードゲームは3種類発売されています。

  • 街コロ
  • 街コロプラス
  • 街コロシャープ

基本のパッケージが「街コロ」で、残りの二つ「街コロプラス」と「街コロシャープ」は、拡張パッケージです。

拡張パッケージの「街コロプラス」、「街コロシャープ」だけでは遊べないため、はじめて「街コロ」を購入する場合は、シンプルな「街コロ」から購入しましょう。

「街コロ」と「街コロプラス」は、パッケージデザインがとても似ているため、ネット通販等で購入する場合は、間違えて購入しないようにくれぐれも注意してくださいね。

「街コロ」は、街を発展させて勝負を競うダイスゲームです。

街コロは、街を発展させていき、ランドマークをいかに早く建築するかを競うダイスゲームです。

以前、別の記事でレビューをしているので、ぜひご覧ください↓

拡張第1段:街コロプラス 新たな13種類の施設が追加

拡張第1段である「街コロプラス」は、新たに13種類の施設を追加できるパッケージです。

初期施設として「役所」が増え、ゲーム序盤に1コインもなくて何も建設できない・・・という状況が改善されるようになりました。

新たなランドマークも増えたことにより、さらにお金のやり取りに動きが出るようになりました。

初期の「街コロ」が少し物足りないなぁと感じてきた人にはおススメの一品です!

拡張第2段:街コロシャープ さらに13種類の施設追加!! 休業システムも!?

拡張第2段「街コロシャープ」も、街コロプラス同様、13種類の施設を追加することができるパッケージです。

ただし、「街コロシャープ」では、ランドマークの追加はありません。

その代わり、「街コロシャープ」での新規追加機能として、「休業システム」があります。
清掃業やワイナリーという施設を使用することにより、「休業」という形で、相手を休ませて、足止めをできるようになりました。

また、これまでにはなかった「施設を相手に押し付ける」効果を持つ「引越し屋」という施設があり、「押し付けられると困る施設」の動きも注目ポイントです。

これまでの街コロと比べると、「休業」や「施設を押し付ける」等の追加要素により、少し難易度は上がりますが、より戦略を練って遊びたい方や、白熱した戦いをしたい方におススメだと思います。

まとめ

「街コロプラス」と「街コロシャープ」は、拡張パッケージなので、これ単体では遊ぶことができません。
そのため、まずはシンプルな「街コロ」を購入しましょう。

拡張パッケージは、どちらか片方だけ追加することもできますし、両方とも追加することも可能です。
両方とも追加すると、選択肢が増えることにより、ゲームの展開や戦略も大きく変わってくるので、やりがいがありますよ。

それでは、よいボドゲライフを!(*´ω`*)