/* アドセンス 2022.4.11 */

ボードゲームレビュー 「コロレット」

2019年5月31日

皆さん、こんにちわ!
べーやんです( *´艸`)

前回に引き続き、ボードゲームのレビューをしていきます!
前回の記事はこちら→

今回は「コロレット」というゲームをご紹介します!

カメレオンがパッケージが可愛いですね!(・∀・)イイネ!!
こちらのゲームは俗にいうセットコレクションというジャンルで、
特定の色やカードを集めて点数を稼ぎ、一番多く点数を獲得した人の勝ちといったルールになります。

写真のように、7種類のカメレオンが各9枚ずつ入っています。
各色のカードをたくさん集めると…。

こちらの得点カードに記載されているように、左がカードの枚数、右が枚数に応じた得点になります。
ただし、このゲームの得点対象になるのは、獲得が多い順の3色までのカードになります!!
それ以外の色のカードは、上記の得点カードに記載されている枚数に応じて減点となってしまいます。

そのほかにも、左から順に
+2点カード
レインボーカード(どの色にもなるカード)
ゴールデンカード(どの色になるカードで、獲得時に山札から1枚カードを獲得できる)
エンドマークカード

続いてこのゲームのセットアップをご紹介します。

今回は4人プレイで設定しました。

写真のように、盤面中央にラインカードを人数分用意して、横にカードが起きやすいスペースをつくります。

そして各プレイヤーに別々の色のカードを配布して山札を作ります。

このゲームの終了条件はエンドマークカードが引かれたラウンドが終わったらゲーム終了となります。

写真のように、山札の下から16番目にエンドマークカード入れます。

プレイヤーは以下の二つのどちらか行わなければなりません。

・山札からカードを引き、いずれかの列に配置する。
・いずれかの列のカードをすべて受け取り、ラウンドから降りる。

・山札からカードを引き、いずれかの列に配置する。

写真のように、カードを山札から引いて、いずれかの列に配置します。その後、次の人の手番に移ります。

次の方もカードを配置。各列には最大3枚まで配置できます。

このように列に配置できるカードが限られてきました。

・いずれかの列のカードをすべて受け取り、ラウンドから降りる。

まだ封鎖されていない列を選び、その列に配置してあるカードをすべて受け取ります。同時にその列は一時的に封鎖されて、受け取ったプレイヤーはこのラウンドから降ります。

封鎖された列には、このラウンド中、カードを配置することができません。
全員がカードを受け取ったら、再び封鎖された列が解放されて、最後にカードを受け取ったプレイヤーから新しいラウンドを始めていきます。

今回受け取ったのが赤1枚と黄色1枚です。

得点カードの通り、赤が3点、黄色が1点の扱いになります。
この調子でこの2色を集めていきたいところですが、自分が欲しいカードの列に、余分な色のカードが配置されたりするので、なかなかうまくはいきません。

レインボーカードはゲーム終了の得点計算の際、どの色にも扱える非常に優秀なカードです。
+2カードは色に関係なく、単体で点数になる扱いやすいカードです。

ゴールドカードを獲得すると、山札から一枚カードを受け取ることができます。
もし集めていない色のカードだと、減点になってしまいますが、集めてる色のカードや+2カードが来れば点数がアップします!(*´ω`*)

お!集めてる黄色のカードが引けましたね!
ちなみにゴールドカードはレインボーカード同様、得点計算の際に好きな色のカードとして扱えます。

このように極力3色までに抑えながら、カードを集めていきます。
エンドマークカードが出てきたそのラウンドが終了するとゲーム終了!
得点計算に入ります。

左から赤4枚、黄色3枚、水色が2枚、茶色が1枚、+2カードが2枚なので、
10+6+3-1+4=22点になりました!

集めてるカードが全員がわかるので、誰かの邪魔をするために集めにくくしたり、早めに見切りをつけて、欲しいと思ったらすぐにラウンドを降りるなど、結構チキンレースなところもあって楽しいゲームです!(*´ω`*)

今回はこの辺で!
ありがとうございました!