ボードゲーム紹介「グルームヘイブン」

グルームヘイブンのパッケージ写真

皆さん、こんにちは。ボードゲーム大好きべーやん(@bdg_be_yan)です。

ついに、ファン待望のグルームヘイブンの日本語版が、2020年1月23日に発売されましたね。
私、べーやんも日本語版がでることを待ち望んでいたファンの一人です。

今回は、そんなグルームヘイブンのご紹介です。
なお、かなりのボリュームを誇るグルームヘイブンを1つの記事だけで魅力をお伝えするのは難しいので、今回は、まだグルームヘイブンのことを全く知らない人や、まだ購入を迷っていてプレイしたことがない方向けに書いていきます。
ストーリー部分が気になっている方もいらっしゃると思うので、この記事に関しては、極力ネタバレしないように書いていきますので、ネタバレは見たくないという方もご安心ください。

「グルームヘイブン」基本情報

製品名グルームヘイブン (原題:Gloomhaven)
ゲームデザインIsaac Childres
対象年齢14歳以上
プレイ人数1~4人
プレイ時間30~120分
販売元株式会社アークライト

重量的にも超ヘビー級!?超大作ボードゲーム「グルームヘイブン」

まず、グルームヘイブンを語るうえで欠かせないのが、その重量。
パッケージの重量が、約9kg弱あります。
かなりの重量ですねぇ(;’∀’)
パッケージを持った段階でかなりのインパクト!

グルームヘイブンは、100種類以上のシナリオが用意されいる冒険探索型ボードゲームです。

数多くの冒険を楽しむために、ゲームで使用するカードやボード、トークンがたくさん入っているので、これだけの重量なんですね。

世界観が作りこまれており、1回やれば満足できるゲームとは違い、早く次の冒険に行きたいと感じさせるボードゲームです。

傭兵となり冒険をしよう

そこは文明世界の果て。傭兵は気楽な稼業とはほど遠い。それでも彼らは冒険や富や名声を求めて、比較的安全なグルームヘイヴンから防壁を超え、闇深き野性の森、雪深き山の洞窟、そして永らく忘れられた地下聖堂へと、蛮勇を武器に赴いていく。だがどんな依頼だろうと前金は期待するな。諸君が無事戻ってくるなどとは、誰も信じていないのだから。

https://arclightgames.jp/product/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%B3/

世界観としては、グルームヘイブンという街を起点に、傭兵として冒険をするという内容です。

100種類以上のシナリオ、エンディングまでたどり着けるか!?

グルームヘイブンは、ざっくり分けて次の5つの工程で進行していきます。

  • キャラクター選択
  • 街で冒険の準備
  • ダンジョンに向かう道中
  • ダンジョン探索
  • 街に戻る

それでは、各項目に関して、順番に見ていきましょう。

キャラクター選択

グルームヘイブン 各キャラクターの箱

キャラクターを選択する

まず、ゲーム開始時にプレイヤーは、各々が使用するキャラクターを6体から1体を選びます。

キャラクターは箱に入っている

選択する際は、それぞれのキャラクターは箱に入った状態で用意されており、箱に描かれたアイコンを元に、好きなものを選択します。

グルームヘイブン 封がされているキャラクター

なお、封で閉じられたキャラクターがいますが、このキャラクターたちは、冒険した後に使用できるキャラクターなので、初めは選択することができません。

箱の中身は?

箱は、小さい小箱とレター風の箱の2つがセットになっています。

小さい小箱には、キャラクターのフィギュアが入っています。
レター風の箱には、キャラクター・ボード、キャラクターの記録用紙、キャラクターの能力カード、トークンが入っています。

レベルが上がるとキャラクターは強くなる

キャラクターには、レベルがあり、レベルに応じて、キャラクターの能力カードが使用できます。
そのため、強い能力を使うためには、レベルを上げる必要があります。

個人クエストカード

グルームヘイブン 個人クエストカード

キャラクターを選択した後、プレイヤーは、個人クエストカードを2枚引き、内容を確認し、どちらか1枚を選びます。

個人クエストカードには、そのキャラクターが冒険をしている理由が書かれています。
個人クエストカードに書かれた理由である条件が達成されると、冒険する理由がなくなるため、傭兵を引退します。

そうです。がんばって育てた自分のキャラクターが使えなくなってしまうのです。
少し寂しい気持ちになりますね。

しかし、悲しいことだけでは、ありません!

個人クエストカードを完遂すると、条件によっては、先ほどご紹介した封がされているキャラクターが解放されたり、ショップに新しいアイテムが増えたりします。
ワクワクしますね( *´艸`)

街で冒険の準備

キャラクター選択を終えたプレイヤーたちは、「グルームヘイブン」という街からスタートします。

  • レベルアップ
  • 特典の獲得
  • 買い物
  • 街カードのイベント

上記のことが、街にいる間にできることです。
これから向かう冒険に備えて、準備を整えます。

レベルアップ

このあと紹介するダンジョンの探索時に獲得した経験値は、街に戻ってくることで反映され、レベルアップすることができます。

特典の獲得

特典とは、キャラクターに、攻撃力があがるなどのメリットをもたらす効果のことです。

戦闘任務の達成やレベルアップ時にキャラクターシートの右上に記載されている特典の項目にチェックマークを入れることができます。

ダンジョンに向かう道中

グルームヘイブンからダンジョンに向かう道中にもイベントがあります。
よくRPGゲームでも、町の外に出れば敵に襲われますもんね。

山札が用意されているので、1枚引き、そこに書かれた内容のイベントが発生します。
例えば、「道が塞がっているから遠回りをするか、強行突破するか」といった感じです。

ダンジョン探索

グルームヘイブン ダンジョン

さて、いよいよ、このグルームヘイブンのメインと言っても過言ではない、ダンジョン探索です。

まずは、シナリオ冊子の該当ページを確認し、指示通りにボードとキャラクターを配置します。
この準備の段階から、今回のダンジョンはどんな感じなんだろう?とワクワクして期待が高まってくるんですよね。

ダンジョンに向かう際、目標が設定されているので、その目標が達成されると勝利し、逆に、パーティー全員が行動不能になると探索失敗となります。

街に戻る

次の冒険への準備を

ダンジョン探索後は、初めに出発した街、グルームヘイブンに戻ります。
ダンジョン探索の成功、失敗にかかわらず、経験値やお金を獲得できるので、次の冒険に向けて準備を行うことになります。

ゲームを中断する場合は冒険の記録を残す

100種類以上のシナリオがあるグルームヘイブンをエンディングまで遊ぼうと思うと、かなりの時間(日数)を要します。
その間、グルームヘイブンを出しっぱなしにしておくのは、グルームヘイブン専用部屋があれば話は別ですが、普通はムリですよね(;´∀`)
そこで、このゲームには、途中でゲームを中断するために冒険を記録に残す機能が付いています。

キャラクターの所持金やレベルなど、必要項目を記録する記録用紙があるので、そこに必要事項を記入します。
次回遊ぶときには、その記録を頼りに復元して再度、冒険に臨めるというわけですね。

運命はその手の中に。「さぁ、次の冒険の時間だ!」

グルームヘイブンは、物語があり、冒険をして行くうえで、敵に負けて悔しい思いをすることもあれば、ドラマチックな展開で歓喜の渦に包まれることも。

そのため、RPGゲームが好きな方や、TRPGが好きな方にはぜひともプレイしていただきたいボードゲームです。

先日、友人たちとグルームヘイブンをプレイした際も、パーティー全員が「もうダメだ・・・」とあきらめかけていた最終局面で、アニメや映画を観ているのかと思うような奇跡的な展開で勝利し、大興奮でした!

盛り上がること間違いなしのボードゲームだと思います。

それでは、よいボドゲライフを!(*´ω`*)