/* アドセンス 2022.4.11 */

家族や友達と楽しめる!夏休みのお家での過ごし方!

2019年7月26日

皆さん、こんにちわ!
べーやんです!

もうすぐ夏休みが始まりますね!!
皆さんは今年の夏休みはいかがお過ごしですか?
海水浴や山でのキャンプ!遊園地や動物園など、屋外での遊びが盛りだくさんですね!
ですが厳しい酷暑の中、「お部屋で涼しくゲームしたい~♪」「冷たい飲み物やアイスを食べて本も読みたい」など、屋内での楽しみ方もあるかと思います。
親戚や友達の帰省などで、お家でなにか遊ぶものに困っている方もいるかもしれません。
そんなお悩みを抱えている方へ、今年の夏はお家で「ボードゲーム」を楽しみませんか?

今回は「今年の夏をお家でどう過ごそう」と考えている方へ、いろいろなボードゲームをご紹介していきたいと思います!!
大人から子供まで、少人数から大勢で遊べるものをご紹介していきます!
中にはこんなボードゲームもあるのっ!?と驚きのものまで!
それではご紹介してまいります!

ワニに乗る?

最初にご紹介するのは「ワニに乗る?」です!!
こちらのゲームは小さいお子さんとも一緒に楽しめるゲームです!
このゲームはワニの駒に他の動物の駒を置いていき、一番最初に全部の駒を置ききったひとの勝ちになります!

写真の赤いサイコロを振って、出目の数だけ動物を置いていきます。
出目の中には自分の駒を他のひとに置かせたり、ワニのしっぽか頭に駒を置いて土台を広げることができます。

パッケージや駒のデザインが可愛く、しっかりとしているので小さなお子さんとも楽しめると思います(*´Д`)

コヨーテ

続きましては「コヨーテ」をご紹介します!
こちらのゲームはおでこにカードをあてるので自分の手札の数字はわかりませんが、ほかの人の数字わかるようになっていて、全員の合計の数字がいくつかを予想するゲームです!
自分の番が来たら予想する数字を言い、次の人はそれより上の数字を宣言するか、そんなに数字はないだろうと思ったら「コヨーテ!」と叫びます。
誰かが「コヨーテ!」と言ったら全員カードを下ろして合計の数字を出します。
宣言した数字より多ければコヨーテと叫んだ人の勝ち!少なければ数字を宣言した人の勝ちとなります。

タロットのような大きさのカードなので、手に持っていても数字がわりやすく、持ちやすいですね!

こちらは自作のサマリーになります!

キャット&チョコレート

続きまして「キャット&チョコレート」をご紹介します!
こちらのゲームは大喜利系というジャンルで、日常のトラブルをとんでもない発想で回避しようというものです。

次々と出てくる日常のトラブル(お題)をアイテムを使って解決していきます。発表したトラブル解決法を多数決で投票し、過半数であればお題カードを獲得します。これが得点になります!

こちらも自作サマリーがありますのでご参考にどうぞ!
ちなみにこの自作のサマリーはイベントでも使っていただいたサマリーになります!
↓以前の記事はコチラ!!

ハコオンナ

パッケージが衝撃的ですが、夏といえばホラー!ジェイソンやフレディも驚き、ましてやジャパニーズホラーの貞子も驚きのジャパニーズホラーボードゲーム!!
その名は「ハコオンナ」です!!
こちらのゲームは1人(ハコオンナ)VS 4人(訪問者)の非対称型ホラーゲームです。
一人が鬼になって、4人の訪問者を捕まえると勝ち!逆に訪問者は館からの脱出か、ハコオンナの供養か撃退をすれば勝利となります!
そのために訪問者たちは館の物陰を探索し、鍵やアイテムを集めていくのですが、恥ずかしがり屋で物陰に隠れながら移動します。
もし、訪問者がハコオンナがいる物陰を除いてしまったら、、、。
それ以外にもハコオンナの呪いの力によってポルターガイスト現象(ゲーム内)や、後ろを無理矢理振り向かせたり(ゲーム内)など、訪問者を追い詰めます!

こちらのゲームは追々レビュー記事を書いていこうと思いますのでご期待ください!(/・ω・)/

狩歌

お盆の時期になると親戚や友人が帰ってきて、「カラオケでも行くか~♪」なんて流れになるのも多いのでは?
今年の夏のカラオケは、一緒にボードゲームも楽しみませんか?
「狩歌」は、カラオケをさらに盛り上げてくれる頼もしい仲間になります!!

机にカードを並べますが、このカードをよく見るとJ-POPなどでよく聞くフレーズがたくさん並んでいますね!
狩歌は、曲の歌詞に当てはまるカードを先に集めて、曲が終わったときに一番点数を獲得している人が勝ちという、かるたの仕組みを取り入れたゲームになります!
↓「狩歌」のレビュー記事はコチラ!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お子さんが遊びやすいものから、ちょっぴりアクセントが効いたものまでご紹介しました。

「夏 ボードゲーム」と検索すれば、さらに夏に合ったボードゲームに出会えると思います。
今年の夏は、新たな出会いの中に、ボードゲームの魅力を楽しんでみてはいかがでしょうか?

それでは、べーやんでした!